Pythonを少し触ってみた感想 – R.P.BLOG

Pythonを少し触ってみた感想

2021/05/07

2021/06/07

今回はPythonを少し触ってみた感想を書きます。
久しぶりの記事で読みづらい箇所があるかもしれません、よろしくお願いします。

Pythonを勉強し始めた理由

Pythonを勉強し始めた理由ですが、私は昔から株式取引のグラフ・ニュースを見るのが好きでした。なんかかっこよかったからです。最近、先輩方の卒業展で株式の取引額をグラフで動的に表示させるという作品が展示されていました。
卒業展終了後、自分も似たようなものを作ってみたいと思い色々調べた結果、Pythonにたどり着き勉強することにしました。

○Pythonを触ってみてすごいと思ったこと

  • コードがシンプルで少なく読みやすい
  • ライブラリが豊富でインストールが簡単
  • グラフを比較的簡単に描画出来る
  • データを簡単にcsv・jsonに変換出来る

JavaScriptやPHPよりもコードがシンプルで読みやすく、コードの内容理解がそこまで難しくなかったです。またライブラリが多く、グラフの描画やAPI、画像処理や音声処理、日付の計算や機械学習などさまざまなものを実装することができます。すごすぎませんか?

○違和感

・JavaScript

for (i = 0; i < 5; i++) {
    console.log(i);
};

//実行結果
// 0
// 1
// 2
// 3
// 4
// 5

・PHP

for($i=0;$i<5;$i++){
    echo $i;
}

//実行結果
// 0
// 1
// 2
// 3
// 4
// 5

・Python

num = 5
for i in range(num):
    print(i)

#実行結果
# 0
# 1
# 2
# 3
# 4
# 5

を書かないんですよPython。あとインデントで処理記述が続いているかいないか確認するので、変に改行・インデントするとエラーが出てしまいます。

○感想

チュートリアルをやってみた感想ですが、書くのがとても楽しいです。”pandas”でデータの表示を行ってみたのですが、ターミナルに表示されるデータを見るのも楽しいです。私は文字列・データが大量に表示されているものを眺めるのが好きなのでPythonにドハマリしました。今後もPythonの勉強を続けていって、自分のポートフォリオサイトに載せられる作品を作れるよう頑張ります。

この記事をシェアする

コメントは受け付けていません。

自己紹介

髙橋

WEBデザイン学科

HTMLとCSS、PHPを勉強中

カテゴリー

アーカイブ

© 2020 Takahashi